勤怠管理クラウド型システムとは何か?

勤怠管理クラウド型システムは、別名で就業管理システム、就労管理システムと呼ばれる事もあります。

これまでの紙のタイムカードでは無くなり、代わりにICカードを使用したり、WEB画面を用いて使用出来ます。

勤怠管理クラウド型システムは、コスト面も比較的安く導入し易いのがメリットです。



一部の勤怠管理クラウド型システムでは、シスト入力が可能な機能もあり、とても利便性が高くなります。

打刻方法は、勤怠管理クラウド型システムを提供している製品会社様々です。


PC上から打刻する方法や、モバイル端末から打刻出来る方法、ICカードを利用する方法等があります。
特に、業員数が多い企業では導入されているケースが多くなってきています。

システムを導入する意味は、主に業務改善目的や生産性向上の目的があり、人件費削減、不正な打刻防止、有給の管理の効率化などのメリットがあります。

NAVERまとめについての情報はこちらです。

現代は、グローバル時代ともあり海外進出している企業は多く存在し、海外の言語対応している勤怠管理クラウド型システムもあります。

基幹システムとの連携も製品によっては可能なものもあります。


クラウド型と聞くと、セキュリティー面での不安もありますが、システムを選ぶ際は「セキュリティーがしっかりしているか」「サポート体制は万全なのか」についても合わせて確認する必要があります。



無料版から有償版まで多く存在する分、導入の際はトライアル期間を利用して動作確認を行い慎重に検討していく事が大切です。