動物を愛する人に最適な資格 動物飼育管理士

subpage-img

ペットを飼い始めたものの、その習性や正しい飼い方を知らないためにペットを飼いきれなくなったり、近所とトラブルを起こしてしまう飼い主は多いようです。

しかしその主な原因は、ペットに関する知識が不足している人間のほうにあります。このような飼い主のために、ペットのしつけ方や適正な飼い方をアドバイスする専門指導員を養成していこうとスタートした資格が、動物飼育管理士認定制度になります。この資格の根底になっているのは、人と動物の関係をスムーズにつなぐために生まれました。

動物飼育管理士に関する問題解決をサポートいたします。

この資格取得者は、ペットについての基礎知識があると判断されペットショップや動物病院などで、活躍できます。特に一定期間お客さんのペットを預かるペットシッターなどでは、この資格があると安心してお客さんからペットを預けてもらえます。
動物飼育管理士には2級管理士、1級管理士の2種類があり、習得までには通信教育による勉強と講習会で病気、飼育管理、法律などを幅広く学びます。



ペット業界に仕事で携わる人はもちろん、動物をこよなく愛する人にとっても最適な資格になっています。動物飼育管理士の試験を受験するためには、まず日本愛玩動物協会が行っている通信教育を受けることが必要になってきます。

教本による勉強と課題の提出、スクリーング講習会の出席などを行っていきます。



管理士2級は、受講申し込み年度の4月1日時点で満18歳以上の者。
1級管理士は、2級管理士の資格取得者で日本愛玩動物協会の会員であることが、受験資格になっています。

top