即日支払のファクタリングのメリット・デメリット

subpage01

ファクタリングとは企業が保有している売掛金、をファクタリング会社が買い取る仕組みのこと。

審査が通りやすく売掛債権を入金前に譲渡して資金化する資金調達方法なので、資金繰りに苦しむ会社や中小企業に利用しやすいというメリットがあります。


デメリットとしては銀行金利などと比べて手数料が高くつく場合があることや、悪徳業者が稀に紛れ込んでいる可能性がある点です。信用できる会社を選び、注意して利用するようにして下さい。ファクタリングは担保や保証人は不要なため、早急に資金が必要な場合にも対応して貰える可能性があります。

急ぎの場合には「最短で即日現金化」と表記している会社を探しましょう。

ファクタリング会社のランキング情報を探すならこちらです。

即日対応の場合には金額に制限がかかることもあるので、即日対応のサービスを利用したい場合には内容に注意して下さい。



入金日が確定している売掛金であれば業種を問わず買取が可能なケースが大半ですが、譲渡禁止特約が設定されている売掛金や既に他に譲渡している売掛金、売掛先が反社会的勢力や公序良俗に反する企業の売掛金には買取を拒否される可能性もある事には注意が必要です。ファクタリングは基本的に借入ではなく売買または譲渡行為のため信用情報へ影響しないというメリットがあります。
基本的に2社間ファクタリング取引であれば売掛先会社に通知されずに資金調達が可能なため秘密裏に資金調達が可能ですが、場合によっては債権譲渡登記が必要となり完全秘密というわけにはいかないことは覚えておきましょう。



即日でお金が必要な場合であっても、調達コストとスピードの優先順位を考え利用しましょう。