勤怠管理システム導入のメリット

勤怠管理システムとは、社員の出退勤を管理するシステムで、勤務時間や残業時間、欠勤の管理などを行うことができます。

ICカードや生体認証システムを使用して入退室管理システムを併用することで、正確な勤怠管理を行うことができます。

会社によって労働形態は様々であり、給与計算方法も異なります。


手入力での勤怠入力は、担当者の負担を大きくするだけでなく、過重労働を見逃すことにもつながります。

勤怠管理システムを導入することで、業務の効率化と正確な勤怠管理を行うことができます。

システム導入の最大のメリットは、勤怠集計作業を削減できることです。
人の手で集計していた勤怠が自動化されるため、作業時間を大幅に短縮することができたり、タイムカードを発送していた場合はその発送費やタイムカード自体の経費も節約することが可能です。また、人件費や業務負荷を把握することもできます。

BIGLOBEニュースの情報を求める人におすすめのサイトです。

タイムカードを全て集めてから人件費等の計算を行うと、どうしても数値を把握するのに数日かかってしまい、負荷のかかりすぎている社員を見つけることも遅れてしまいます。

しかし、勤怠管理システムを使用すれば、複数拠点があってもリアルタイムに、かつ正確な勤怠を把握することができます。

その他にも、スマートフォンと連携できるシステムであれば直帰をする場合でも、外出先から打刻することができたり、入退室管理システムと併用することで、代理打刻ができなくなり、不正打刻を防ぐことができます。



このように、勤怠管理システムは企業においてメリットの多いシステムです。

まだ使用していない企業は、導入を検討してはいかがでしょうか。

勤怠管理システムを是非ご利用ください。